口臭の原因 抜歯後

抜歯後の口臭

虫歯が治療では処置できないほど進行してしまったり、
親不知(おやしらず)の歯を抜歯することがあります。
たいがいの人はこの両方を経験しているのではないでしょうか。

ところで、この抜歯と口臭には関係があるのです。
歯を抜くときには麻酔を注射しますから痛みはほとんど感じません。
歯を抜いたあとは傷口を処置して、痛み止めや化膿止めの飲み薬を処方してもらい、
麻酔が切れたあとの痛みを和らげます。

でも、痛みはやがて無くなります。
そうするとどうするでしょうか?
大概の場合、何もしないでそのままにしておきます。

歯医者さんに「では3日後に来てください」と言われたのにもかかわらず、
もう痛くないからと、面倒なこともありそのままにしてしまいます。もう治ったと思うのです。
この油断が口臭を招くのです。

抜歯後が原因でおこる口臭の対策

抜歯をすると、抜いたあとは歯ぐきに穴が開きます。
もちろんある程度の処置はしますが、その処置は一時的なもので、
歯ぐきの肉が自然に盛り上がってくるまでには時間がかかります。
そのために歯医者さんは「3日後に来てください」と言うのです。

しかし、そのままで放置しておくと、その穴に食べかすや細菌が入り込み、
腐敗して、その結果口臭が出ることになります。
また、抜歯した箇所はしばらく歯磨きはしないようにと歯医者さんは必ず注意します。
それは歯ぐきや抜いたあとの穴を傷つけないためですから、
歯医者さんの言葉はきちんと守るようにしたいものです。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。