原因

舌(ベロ)が口臭の原因になることがあります。
舌は口の中で歯と同じかそれ以上に重要な働きをしています。
甘い、辛い、酸っぱい、苦い、など味覚を司る役目があることは誰でも知っていることです。

ところで、舌の表面に苔(コケ)のようなものが付着することがあります。
黄色っぽいものや白っぽい苔です。
これを舌苔(ぜったい)と言います。

そして、この舌苔が口臭の原因になることがあるのです。
毎日、朝晩に歯をきちんと磨いているし、歯ぐきの手入れもしている。
虫歯もいまのところ無いし、歯周病にもかかっていない。
胃腸も丈夫だし。
それなのになぜ口臭がすると言われるのだろうか。
そんな時に疑ってみるのが舌苔です。

舌が原因でおこる口臭の対策

もしかしたら口臭の原因なのかも知れません。
この舌の表面に付着している苔を取り除くために、歯ブラシなどで、舌を磨く方法があります。
舌ブラシまであります。

しかし、あまり強く舌を磨くのはかえって危険だという声もあります。
舌は敏感で傷つきやすいですから、
ゴシゴシと歯ブラシや舌ブラシで舌をこするのは舌を傷つけてしまいます。

もうひとつ注意しておきたいのは、あまりにもきれいに舌苔を取ってしまうと、
舌が外からの刺激に対して弱くなり、炎症を起こしたりする危険性があることです。
また、体の自衛本能が作用して、新たに舌苔を大量に作ろうとしますから、
舌苔の除去は適度にすることが良いようです。
舌全体が薄く白っぽい時は舌苔はありません。

タバコ

口臭の原因のひとつに、タバコの喫煙があります。
タバコにはタールやニコチン、一酸化炭素という成分が含まれています。
ご存知のようにタバコの箱にはタール○○ミリグラム、
ニコチン○.○ミリグラムという表示があります。

このタールやニコチンは唾液を出にくくしたり、
歯垢(プラーク)や歯石が歯につきやすいようにする働きがあります。
ヘビースモーカーの歯が、ヤニ色をしているのは、歯に垢や石が付着しているからです。

この歯垢や歯石は歯ぐきの血のめぐりの邪魔をして、
その結果歯槽膿漏や歯肉炎、歯周病になりやすい環境ができてしまいます。
タバコを吸わない人と吸う人では、歯や歯ぐきの病気にかかる割合に大きな差が見られます。

タバコが原因でおこる口臭の対策

このように、タバコの喫煙は、ただタバコ臭いというだけではなく、
タバコの喫煙、すなわち歯周病、そして口臭という順序で口臭の原因になるのです。
この悪循環は喫煙者には自覚症状がないので、なかなか気がつかないものです。

タバコの喫煙からくる口臭への悪循環を断ち切る予防策は、一にも二にも、まず禁煙することです。
禁煙以外の予防策はナイと思ってください。
タバコ好きの人にはイヤな言葉でしょうが、禁煙しかタバコから来る口臭を防ぐ方法はありません。
お酒を飲まなければアルコール臭くなくなるのと同じことです。

膿栓

膿栓(のうせん)という言葉は、普段めったに聞きません。
字から考えても何のことか分かりにくいですね。
咳をした時などに、たまに黄色っぽい、小さくて丸い塊が喉の奥からぴょんと飛び出す。
このような経験をした人はかなりいると思いますが、この塊が膿栓なのです。

そのままではただの塊ですが、指などで潰すと、すごい悪臭が出ます。
もし、口の中で潰れたら強烈な口臭になります。
口の中を鏡で見ると、両側の奥が少し盛り上がっているのが分かりますが、
これが扁桃腺(へんとうせん)です。

よく扁桃腺が腫れている、などというリンパ器官です。
リンパ線とも言いますね。
この一族を扁桃(へんとう)と言いますが、口や鼻の孔から細菌やウイルスが入ろうとすると、
それが喉へ行く前にこの扁桃が殺して、それ以上体内に入るのを防ぐ働きをします。
扁桃が細菌やウイルスと闘っている時に、熱を出して扁桃腺炎の症状になるのです。

膿栓が原因でおこる口臭の対策

この扁桃の表面には小さな穴があります。
この穴にリンパ球とか白血球とか脂肪酸とか、体内にあるいろいろな物質が溜まっていくと、
この黄色っぽい塊になります。
普通は小さいものですが、大きいものになると5ミリほどになり、
咳き込んだりした時に、飛び出してくるのです。

この膿栓という塊はそういつも出てくるものではありませんが、
潰すと下水道のような悪臭が出ます。
「わっ、臭い!」と思わず息を止めたくなるような悪臭です。

後鼻漏

後鼻漏(こうびろう)という言葉はあまり聞き慣れたものではありませんよね。
でも、その症状が分かると、「ああ、あれがそうなのか」と言う人は多いと思います。
後鼻漏の症状は、鼻水が喉に流れてくるものです。

この原因は鼻の疾患で、蓄膿症や鼻炎の時に見られる症状のひとつです。
サラサラした鼻水が流れるだけではなく、
喉や口の中に粘り気のある鼻水が広がることもあります。

ベタベタとくっついて、喉と鼻の真ん中あたりに痰がからんでいるような違和感があり、
とても気持ちが悪い状態が続くこともしばしばです。
そして、この蓄膿症の症状の部類に入る後鼻漏が口臭の原因になることがあります。

後鼻漏が原因でおこる口臭の対策

この病気の治療法は耳鼻咽喉科になります。
なぜ、耳鼻咽喉科かと言いますと、鼻と喉は極めて密接な関係があるからです。
蓄膿の人は決して少なくはありません。

蓄膿になると鼻が詰まって口を知らず知らずに開いたりしますし、
頭痛がして思考力が減退することがしばしばあります。
なお、口臭の原因のひとつである後鼻漏の治療には、
蓄膿に効いたり蓄膿の症状を和らげることができる漢方もあるようです。
口臭がして、いつも鼻水が喉に自然と流れてくることに気づいたら、
まず後鼻漏を疑ってみましょう。

歯槽膿漏

口臭の原因で良く耳にするのが、歯槽膿漏という言葉ではないでしょうか。
歯槽膿漏は読んで字のとおり、歯ぐきから膿が出る口の中の病気です。
この歯ぐきから出た膿が原因でたまらなくきつい口臭が発生します。

ではなぜ歯槽膿漏は起こるのか?
歯槽膿漏による口臭は、歯と歯ぐきの間に溜まった歯石(プラーク)が元凶なのです。
歯の手入れを定期的にしないでほうっておくと、この歯石がだんだん多くなります。

そうすると歯ぐきに悪さをして歯ぐきに炎症が起きます。
炎症が起きると歯ぐきから出血したり炎症により化膿した膿が出て、歯槽膿漏口臭になるのです。
この臭いはかなり強烈なものなのはお分かりですよね。

歯槽膿漏が原因でおこる口臭の対策

この口臭を止めるのには歯槽膿漏の治療が必要なのは言うまでもありません。
また、当の本人もそのままで日常生活をするのは自分自身にたいしても良くないことです。
口臭が止まらず、毎朝毎晩歯を磨く時に歯ぐきから出血したり、歯ぐきが赤く腫れたりしたら、
まず歯槽膿漏ではないかと疑って、歯医者さんに診察してもらうことをお勧めします。

何事も早め早めのお手当がひどくなる病気を食い止める最良の方法です。
また、歯槽膿漏は素人では一見歯周病との区別がつきにくいものですから、
歯ぐきから出た血が少しだからと油断しないことです。
また、家族など身近な人は口臭がすることを
さりげなく本人に気づかせる配慮をしたいものです。

アドセンス