口臭の原因 胃腸

胃腸

まさかと思う口臭の原因のひとつに、胃や腸などの内臓の異常があります。
もちろん魚のはらわたのように内臓そのものの臭いが口臭になるようなことはまずありませんが、
胃や腸などの消化器系内臓の働きがおかしくなると、口臭という危険信号を出すのです。

このような体の中と口臭の関係は、ほかにもあります。
気管支炎を引き起こす肺など呼吸器系内臓に異常が起きた時や、
蓄膿症などの咽喉系内臓の異常が口臭の原因になる場合もあります。

重い糖尿病やガン、肝臓の病気なども口臭と関係がありますし、
唾液(ツバ)が出にくくなる病気(例えば膠原病やシェグレン症候群)も
口臭と関係することがあります。

胃腸が原因でおこる口臭の対策

では、なぜこれらの病気が口臭の原因になるのでしょうか。
それは、このように、胃や腸その他もろもろの内臓の具合がおかしくなると、
まず口の中の唾液などが極端に出なくなります。

そうすると、当然のことですが口の中が乾いてしまいますよね。
口の中がカラカラになるということは口臭を出す条件が揃ってしまうのです。
それでは、常に口の中を水気で湿らせておけば口臭は出ないのでしょうか。

それはあくまでも一時しのぎとなります。
やはり口臭の原因となる胃腸やほかの内臓の病気はもとより、
その他の病気の治療をしたり、治したりするようにしなければなりません。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。