口臭の原因 タバコ

タバコ

口臭の原因のひとつに、タバコの喫煙があります。
タバコにはタールやニコチン、一酸化炭素という成分が含まれています。
ご存知のようにタバコの箱にはタール○○ミリグラム、
ニコチン○.○ミリグラムという表示があります。

このタールやニコチンは唾液を出にくくしたり、
歯垢(プラーク)や歯石が歯につきやすいようにする働きがあります。
ヘビースモーカーの歯が、ヤニ色をしているのは、歯に垢や石が付着しているからです。

この歯垢や歯石は歯ぐきの血のめぐりの邪魔をして、
その結果歯槽膿漏や歯肉炎、歯周病になりやすい環境ができてしまいます。
タバコを吸わない人と吸う人では、歯や歯ぐきの病気にかかる割合に大きな差が見られます。

タバコが原因でおこる口臭の対策

このように、タバコの喫煙は、ただタバコ臭いというだけではなく、
タバコの喫煙、すなわち歯周病、そして口臭という順序で口臭の原因になるのです。
この悪循環は喫煙者には自覚症状がないので、なかなか気がつかないものです。

タバコの喫煙からくる口臭への悪循環を断ち切る予防策は、一にも二にも、まず禁煙することです。
禁煙以外の予防策はナイと思ってください。
タバコ好きの人にはイヤな言葉でしょうが、禁煙しかタバコから来る口臭を防ぐ方法はありません。
お酒を飲まなければアルコール臭くなくなるのと同じことです。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。