口臭 胃炎

ピロリ菌が引き起こす胃炎から来る口臭に要注意

「慢性胃炎」という病気は、そもそもどういった病気でしょうか。その大きな原因となっているのが、「ピロリ菌」です。この名前、みなさんもどこかで聞いたことがあるかもしれませんね。

ピロリ菌のすみかはずばり「胃」です。胃酸によって大変にpHが低く抑えられている、普通の生物には苛酷な環境であるはずの胃の中で、ピロリ菌はどうやって生活しているのでしょう。答えは「アンモニア」です。ピロリ菌は、ウレアーゼと呼ばれる酵素を盛んに分泌し、胃の中にある尿素を分解してアンモニアを作ります。アンモニアは強いアルカリ性ですので、胃酸を中和することができ、そうやってできた中性の領域の中で、ピロリ菌は何事もなく生活できるのです。

しかし、ピロリ菌によって胃酸が中和されてしまった人は、繊細な胃壁を保護していたはずの粘膜がはがされやすくなり、胃酸に晒されてしまうことになります。この結果、慢性胃炎が起きるのです。そして、慢性胃炎にかかってしまった人は、胃・十二指腸潰瘍や胃がんになる確率が高くなってしまうという報告もされています。

さて、慢性胃炎になってしまった人は、どうしても口臭が強くなってしまう傾向があります。なぜならば、ピロリ菌によって中和されてしまった胃酸を補おうと、胃壁が頑張って胃酸を分泌した結果、胃酸過多と同じ状況に陥ってしまうことがよくみられるからです。また、胃炎が起きていると、どうしても消化不良をおこしがちですので、食べたものが腸内で異常発酵をおこし、におい物質が産生されてしまって、呼気に混じって出てきてしまいます。このような、胃腸の不調が生じた時の口臭は「卵が腐ったような」臭いであると形容されることが多いのです。

ここのところずっと胃の調子が悪い、口臭がすると思ったら、一回医師の診断を受けてはいかがでしょうか。もし、あなたの胃の中にピロリ菌が発見されても、投薬によってピロリ菌の除菌が可能です。胃炎だけでなく、潰瘍や胃がんにならないようにするためにも、ピロリ菌とは早めに縁を切っておきたいものですね。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。