口臭 胃酸

胃酸過多や胃潰瘍が口臭を引き起こす仕組みについて

食後、ゲップと共に酸っぱい味が胃の中からあがってきて、胃がキリキリと痛んだことはありませんか?それは胃酸過多によくある症状で、中には夜も眠れないほど痛むというほど、お困りの方もたくさんいらっしゃいます。もちろん、胃酸過多も口臭を引き起こす原因となりえます。

胃酸過多は、食べたものを消化するための大切な薬である「胃酸」が胃の中で必要以上に分泌されてしまう病気です。また、ゲップも出やすくなるので、この胃酸のにおいがゲップと共に上がってきて、臭ってしまう原因となるのです。胃酸を構成する「酸」は非常に強力な「塩酸」です。これが何度も逆流して喉まで到達することを繰り返すと、この酸によって食道の内壁が痛んでしまい「逆流性食道炎」を引き起こすことになります。胃酸過多は「高ガストリン血症」と呼ばれる病気の症状だけでなく、ストレスによって自律神経のバランスが崩れてしまったときに起きてしまう、誰にでも起きる可能性がある「身近な病気」なのです。

つまり、胃酸過多が起きてしまうほどストレスを抱えた人は、ストレスによる口臭発生に加えて、胃酸が原因となる口臭のダブルの効果によって、普段よりも口臭が強くなる傾向があります。また、それを気にしすぎて、さらにストレスを抱え込んでしまう人も少なくありません。こうなると、すっかり府のスパイラルが形成されてしまい、抜け出すのは大変です。しかしながら、胃酸過多の症状は一時的なもので、食べ物の消化が終わる食後数時間に限定されていることを思い出してください。また、最近では処方薬でしか手に入れられなかった、胃酸を抑制する効果のあるH2ブロッカー(ヒスタミンH2受容体対抗薬)を含む薬でも、市販薬として普通に薬局で購入できるようになりました。こういった薬は胃酸過多に対して非常によく効きますので、上手に活用するとよいでしょう。しかしながら、あまりにも酷い胃の痛みがある場合には、医師の診断を受ける必要があります。

いずれにせよ、現代のようなストレス社会に生活する私たちにとって、ストレスコントロールは生きていくうえで大変重要なスキルとなっています。必要以上にストレスをためないよう、うまく対処ができるようになると良いですね。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。