口臭 確認

口臭予防のために、正しい歯磨き方法を再確認しましょう

実は「正しい歯磨きの仕方」というものはスタンダードとして確立したものではありません。なぜならば、歯並びや顎の骨格など、そして唾液の性質などは一人一人異なっていますので、「みんながこの磨き方をしたらOK」ということはありえないからです。したがって、あなたにとって「正しい」歯磨きの方法を身につけるためには、「歯科医の指導を仰ぐこと」が一番の近道であるといえます。しかしながら、歯磨きを行ううえで注意したいポイントは、どなたにとっても共通のものですので、しっかり抑えておいていただきたいと思います。

まずは一番大切な道具である「歯ブラシ」についてです。毛先が開いてしまった歯ブラシは、歯磨き効果が半減以下に低下してしまいます。歯ブラシはこまめに新しいものへ交換してください。また歯ブラシのヘッドの大きさですが、大きすぎるものは奥歯の裏や歯並びが乱れているところなど、細かいところへ毛先が届きづらいので、ある程度の小ささに抑えておくほうがよいでしょう。電動歯ブラシにつきましては、最近の技術は着実に進歩しており、手で磨くよりも歯垢除去率は格段に上がるといわれています。また、タイマー機能も兼ね備えているので、きちんと時間をかけて歯磨きが出来るという点も、電動歯ブラシの導入をお勧めしたい理由のひとつです。

歯ブラシのお供となる「歯磨き粉」ですが、これは売り場でも目移りするほどたくさんの種類が販売されています。殺菌効果や引き締め効果といった薬効成分を売りにしているものもありますが、どんなものを使うにしろ気をつけたいのが「つけすぎ」です。歯磨き粉をつけすぎると、泡が立ちすぎるだけでなく味も強いので「磨いた気」になりがちです。歯磨き粉を使う際には最小限の量にとどめてください。

歯ブラシだけでは届かない歯の間を効果的に洗浄できる「歯間ブラシ・デンタルフロス」はぜひ使っていただきたい補助具です。しかしながら、これらの補助具は誤った使い方をしてしまうと、歯茎を傷つけてしまう恐れもありますので、一度正しい使い方を歯科医に指導してもらうのが安心です。

最後に、あなたの歯磨きがきちんと出来たかどうか確認するための「歯垢染色剤」を準備することもお勧めです。定期的に歯垢染色剤で歯垢を染めて、自分の歯磨き方法を見直してみましょう。

これらの点を踏まえて、道具を用意し、歯科医に正しい歯磨きの方法を指導してもらえば、あなたの口中はきれいさっぱりと保たれ、口臭なんか全く気にならなくなることでしょう。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。