口臭 塊

喉の奥から白い塊が・・・これも口臭の元?

くしゃみや咳をしたはずみに、また、うがいをしたときなどに、ころりと喉の奥から落ちてくる、白または薄黄色、あるいは黄緑色をした塊。これを潰すと、口臭が濃縮したような、ものすごい臭気を発します。この正体は、通称「臭い玉」といわれる「膿栓」です。

膿栓の正体は、口から飛び込んできた細菌やウィルスが、喉の奥にある「扁桃」と呼ばれる場所に、白血球や酵素の力によって殺され、無毒化された死がいが、粘膜が剥がれ落ちたものや食べ物のカスなどと一緒に溜まったものです。いいかえれば、風邪や花粉症などの時期にたくさん出る鼻水や痰と同じような成分が、食べ物のかすなどと一緒に喉の奥で固形となったものです。したがって、どこまで大きくなってから排出されるか、そしてその排出の方法などは個人差がありますが、これは誰にでも形成されるものなのです。口をあけると、喉の奥に白い塊がこびりついているのが見えるまで大きくなる人もいますし、目には見えないほど小さいうちに粘膜から剥がれ落ち、唾液などと一緒に食道を通ってしまって存在に気づかない例もあります。

さて、この膿栓と口臭の関係ですが、膿栓自体は健康上、害のあるものではありませんが口臭の発生源となる確率は非常に高いです。歯周病や虫歯など、歯や口の中のトラブルに心当たりがなく、また健康なのにもかかわらず口臭が気になる方、喉の奥に異物感があるようでしたら、この膿栓が原因かもしれません。

それでは、膿栓ができないようにするためにはどうしたらよいのでしょうか。残念ながら、上記にて申し上げたように、膿栓は誰にでも形成されてしまうものです。しかしながら、膿栓の成分のうちでも、私たちの努力によって減らせるものがありますね。それは「食べ物のカスや歯垢、舌苔」です。食事が済んだら、きちんと歯を磨く、フロスを使って歯間を掃除する、うがいをする。そして定期的に舌苔を取り除く。口の中をきれいに保てば、膿栓の成分も減らせます。また、喉の奥まで水が届くように、しっかりとうがいを行うことで、粘膜が剥離した老廃物も洗い流すことが出来ます。

毎日の努力によって、膿栓についての悩みはかなり解消されることでしょう。それでも、まだ膿栓が取れなかったり、どうしても口臭が気になるといった場合は、お近くの耳鼻咽喉科等で診察を受けると、膿栓をとってもらったり、大掛かりな場合は扁桃腺の切除といった治療を行ってもらうことができますので、相談してみるとよいでしょう。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。