口臭 きつい

一日のうちで最も口臭のきつい時間帯とその対策

夜寝る前にきちんと歯磨きをしたのに、朝起きたら口が臭う・・・なんていう経験はありませんか?朝一番の口臭は、英語でも「Morning breath」などといって、特に気になる口臭であると位置づけられています。なぜ朝一番はこんなに口臭がきつくなるのでしょうか?

朝の口臭の原因は大きく分けて「唾液量の減少」と「空腹」の2つです。空腹時の口臭については朝に限ったことではないので、まずは唾液量の減少について考えていきたいと思います。一般的に言って、夜寝ている間は分泌される唾液の量がとても少なくなっています。唾液の量が減り、口の中が乾いてくると、口中に住んでいる嫌気性細菌の活動が活発になり、臭い物質が多く産生されてしまいます。これはドライマウスの方の口臭発生の原理と同じですね。この対処法としましては、まずは朝起きたら一番に歯磨きをすること。夜寝ている間に口の中で増えてしまった細菌をきれいに洗い流しましょう。その後、きちんと朝食をいただいて、唾液をしっかり分泌しましょう。もちろん、食後にはまた歯磨きやうがいをして、口中をきれいにしておきましょう。

次に気になるのは「空腹時」の口臭です。おなかがすくと、なんとなく口が臭くなるような気がしませんか?空腹時には基礎代謝がさがり、血中に溜まった臭い物質の量が増えています。ですから、呼気にもこの臭い物質が混じってしまい、口臭となるのです。最も空腹時の口臭が気になるケースは、食事と食事の間が開いている時です。夕食と朝食の間が開いているため、朝一番の口臭が特に気になるのですから、朝食も抜いてしまったら・・・。結果は容易に予想できると思います。空腹時の口臭につきましては、3食きちんと規則正しく、バランスのよい食事を取り、胃腸に負担をかけないことが一番の対処法ですね。また、食後も口臭が気になるところですので、しっかりとうがいをするなり、歯を磨くなりしてくださいね。

最後に紹介するのは「緊張時」の口臭です。緊張すると口の中がカラカラに乾いてしまいます。これは朝の口臭と同じように、「唾液量の減少」が起きているということで、同様に口臭の発生する要因となります。これを解消するためには、とにかくリラックスを心がけること。ガムを噛んで唾液を出すことも、リラックス効果を得られるという点で一石二鳥を狙えてとても効果的です。

このように、前もって「口臭が出そうだぞ!」というポイントを押さえておけば、慌てずに先回りして対処することが可能となります。しっかりと覚えておいて、口臭について気にしすぎることのないように気をつけてくださいね。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。