口臭 お茶

お茶の飲みすぎが口臭改善に逆効果である理由

確かに、お茶には「ポリフェノール」と呼ばれる殺菌効果のある成分が含まれています。また、これが口臭予防に効果的であるとの認識も間違ったものではありません。さらに、お茶を飲むとリラックス効果が得られますので、ストレスによるドライマウスを軽減する効果も見込めます。しかしながら、お茶を飲みすぎることはかえって口臭を悪化させる原因になりかねないのです。

今回はこの「お茶の過剰摂取による弊害」について考えてみましょう。お茶には水分だけでなく、様々な成分が含まれています。もちろん、カテキンなどのポリフェノール類による抗菌成分も大変注目されています。これもまた、過剰に飲用すれば、唾液中の有用な酵素類も、その働きを抑制されてしまうので注意が必要です。

さらに、お茶と言って忘れてはならない成分は「カフェイン」です。カフェインはコーヒーに含まれるもの、という認識が一般的ですが、実はお茶にもコーヒーと同程度の量のカフェインが含まれています。カフェインには覚醒効果がよく知られており、コーヒーなどは眠気覚ましなどの際によく飲まれますね。さらに、カフェインやテオフィリンと呼ばれる同じような成分には「利尿作用」が非常に高く見られます。この利尿作用は、体中の水分を尿として排出する効果のことですから、もちろん唾液に含まれる水分も吸収されてしまいます。この結果として、緊張効果にプラスして利尿効果ですから、トイレは近くなるけれども唾液はどんどん少なくなって、口の中がカラカラに乾いてしまうのはご理解いただけるでしょうか。これが元々安静時の唾液量が少ない方の場合は、特に注意が必要だということも納得いただけるかと思います。

このような理由から、お茶はいいこと尽くめの飲料ではなく、症状に応じて用法・用量を正しく守って服用するべき「薬」の一種として考えたほうがよいと考える方もいらっしゃいます。私もその意見に賛成ですので、お勧めする「お茶の服用方法および用量」は「緊張した時に一服」あるいは「うがい薬としての利用」であり、水の代用品として常時飲み続けることは、かえって口臭を悪化させる可能性があるとご注意申し上げる次第です。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。