口臭 お菓子

口臭予防のお菓子は本当に効果があるのでしょうか?

なかなか歯磨きの出来ない職場や出先での食事の後などにガムを噛んでみけれど、効果はすぐに薄れてしまい、またすぐに口臭が気になってくる。このガム、「口臭対策に効果的」とか書いてあるけれど、本当に効果があるのだろうか?などと考えてしまうことはよくありますよね。ガムやタブレットのようなお菓子売り場でも売っているような商品には口臭を消す効果があるのでしょうか?

答えは「No」です。ガムやタブレットを口にすることによって、強い香りで口臭自体を覆い隠してしまい、「一時的に気づかれなくする」ことは可能です。これは「マスク効果」といわれるもので、ガムやタブレットのミント系の成分が消えてしまえば、結果的に元通りとなってしまいます。また、気をつけたいことの1つとして、ガムやタブレット自体には当然のことながらショ糖などの糖分が含まれています。この糖分が唾液に溶け込んだり、歯に付着したりなどすれば、そこからまた細菌が増殖し、糖を分解して酸を産生し歯を溶かしてしまう、つまり虫歯の元となる危険性があります。また、糖分が多いと、かえって口の中の水分を吸収されてしまい、結果「なんだか口の中がネバネバする」といった状況を生み出すのです。このネバネバした状態は口臭を生み出すのに適した環境ですので、口臭対策でガムを噛んだはずが逆効果になりかねません。

しかしながら、ショ糖などのかわりに「キシリトール」を配合した商品を選ぶと、話はまた変わってきます。キシリトールは細菌による分解を受けても酸をつくらないという性質を持っていますので、虫歯の元にはなりません。反対に虫歯の抑制効果があることが証明されているので、ガムやタブレットを利用する時にはキシリトール入りのものを選んでみましょう・・・といいたいところですが。一般的にスーパーやコンビニなどで市販されている商品のキシリトール配合量は、製品に含まれる炭水化物量に対して30~70%に抑えられています。キシリトールの効果を得るためには、90%以上でなければ本来の効果が期待できないとされています。こういった製品は歯科医院で販売されていますので、本当に効果を期待するならば、こちらを購入するべきであると思います。

結局のところ、ガムにしろタブレットにしろ、「お菓子」の範囲を抜け出せないものでした。一時的な効果であっても、確実なものを期待するのであれば、マウスウォッシュの利用をお勧めしたいと思います。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。