口臭 抑える

最も簡単に口臭を抑える方法を紹介します

口臭に悩む方の中には、口臭と同時に「口の中がネバネバする」とか「口の中が乾く」といった症状を感じている場合がかなり多くみられます。この症状の原因は、ずばり「唾液不足」です。口の中の唾液の量は、口臭の発生に大きく関与する大事なファクターとなっています。

そもそもこの唾液というものは、口中を潤して清潔にするだけでなく、殺菌や抗菌作用を持つ成分が含まれていたり、消化の手助けを行う酵素が含まれていたり、歯の再石灰化を促したりと私たちが生きていくうえで大変重要な役割を果たしている液体です。

また、唾液には分泌されるメカニズムによって、「固有唾液」と「反射唾液」の2種類に分けられます。固有唾液とは、お口の中を潤すために常に分泌され続けている唾液のことをさし、反射唾液とは、食事をした際の咀嚼(そしゃく)運動による刺激などによって分泌される唾液のことをさします。これら2種類の唾液は、分泌されるために使われる神経回路が異なり、成分的にも若干の違いがありますが、どちらも多く分泌することによって口臭対策となりえます。

さて、唾液の大切さについて再確認していただいたところで、この素晴らしい液体をどんどん分泌するためのトレーニングをご紹介しましょう。まずは、上でご紹介した2種類の唾液のうち、反射唾液の分泌を促す方法です。これはとてもシンプルです。「とにかく、よく噛んでください」これに尽きます。お食事の際には一口20~30回を目安にしっかり噛んでください。また、硬い食べ物をよく噛んだりすることも効果的です。

次は、平常状態で分泌される固有唾液についてです。「口中を保全する」役割を担ったこちらのほうが、実は口臭対策にはより効果的だと私は思っています。しかしながら固有唾液の増加方法は少し特殊です。この分泌には「舌をよく動かす」運動が効果的です。軽く口を開け、舌を大きく動かして上下前歯の裏や左右の奥歯などに順番に軽く触れていきます。さらに、舌の先を下側に巻き込み、舌の裏にある下アゴの部分に押し当てます。これを一日に数度繰り返してみましょう。気がつくと、「口が乾燥している」ことがなくなってくると思います。

最後に、唾液量はストレスを感じると減少します。ぜひ日ごろからストレスをうまくコントロールし、溜め込まないように気をつけて唾液の量を減らさない生活をしていただきたいと思います。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。