口臭 お酒

お酒を飲んだ後の口臭が酷く感じる理由について

お酒を飲むと、「酔っ払い特有のにおい」を発するようになり、家族に嫌な顔をされる原因となります。これが翌日までひきずったりするともう・・・という経験をされた人はとても多いはずです。美味しく、楽しくお酒も飲みたいけれど、家族に嫌な顔をされるのは嫌だという方のために、お酒と口臭の関係、そして対処法をご紹介します。

お酒を飲むと、アルコールが肝臓に運ばれ、「アセトアルデヒド」と呼ばれる物質に分解されます。このアセトアルデヒドが曲者なのです。アセトアルデヒドは、大部分は尿に含まれ排出されますが、排出されきらなかったものが肺へと運ばれ、呼気に含まれて吐き出されます。これがあの何ともいえない「酒臭さ」の元凶となっているのです.。これを防ぐためには「飲む量を減らす」ことが一番です。いつもよりゆっくり飲んでみたり、ロックを水割りにしてみたり。それくらいでもだいぶ変わってくるのではないでしょうか。

さらに、お酒を飲むときには、おつまみが欠かせませんよね。お酒を飲んでいるときには、ニンニクやネギといった臭いの強い食材を使ったお料理が美味しく感じ、さらにお酒の量を進めていくのですが・・・。このニンニクやネギなどは、胃で消化され、腸で吸収されると、臭い成分も一緒に吸収されてしまうのです。この吸収された臭い成分が、呼気として排出される「食事性口臭」の原因となってしまいます。この予防方法は、「お酒を飲む前に牛乳を飲んでおく」こと。牛乳のたんぱく質によって胃や腸壁をカバーし、臭い物質の吸収を少しでも緩和してくれるよう祈りましょう。

翌日、目が覚めると喉がカラカラです。そして強烈な口臭・・・。実は、アルコールには利尿作用があります。お酒は水分が主成分であるといっても、それを上回る強力な利尿作用の前には、唾液もすっかり吸い上げられてしまって、後に残ったのは大喜びの嫌気性細菌です。こんな状態を少しでも改善するためには、とにかく水分補給です。お酒を飲んでいるときにも、同じくらいの量の水を飲むことを心がけるといいでしょう。また、就寝前にはきちんとオーラルケアをすることを忘れずに!

せっかく楽しくお酒を飲んできたのに、「やめとけばよかった」と悔やんでしまうのはとても悲しいです。お酒を飲む前にひと手間、お酒を飲んでいる時にちょっと立ち止まる、そして飲み終わったらまたひと手間、少しずつの心がけで、だいぶ(家族からの)印象も変わってきます。適量を守り、楽しく生活したいものですね。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。