口臭 親知らず

口臭改善のためにも親知らずの抜歯をお勧めする理由

歯医者さんに言われるがままに、親知らずを抜いたのはいいけれど、その直後から口臭がひどくなった気がする。親知らずを抜くのは、間違いだったのかしらと後悔している人がみられますが、どうぞ怖がらないでください。これは一時的なものです。

親知らずは、奥歯のさらに奥に、後から生えてくる大きな歯です。中には親知らずが全く生えないという方も人もいらっしゃいますが、生えてきた際には隣の奥歯を圧迫して痛みの元になったり、曲がって生えてしまったりと、場合によっては削ったり、抜いたりしなければならない事態に陥ります。また、まっすぐ生えてくれた場合でも、奥歯のさらに後方という、歯磨きをするには大変難しい場所にあります。したがって、どうしても磨き残しが生じてしまい、ほかの歯に比べて歯周病や歯槽膿漏になりやすく、これが口臭につながる原因となるのです。さらには、奥歯と親知らずの間も、デンタルフロスや糸ようじなどを使いづらい場所となってしまい、ケアがおろそかになりがちです。これもまた、細菌の繁殖する原因となり、ひいては口臭の源となるのです。

これらの理由から、私は「親知らずは百害あって一利なし」と考え、口臭に悩む患者さんにはまず、親知らずを抜歯することをお勧めしています。親知らずを抜きますと、圧迫されていた奥歯が開放され、慢性的な顎の痛みがスッキリとなくなったり、奥歯の後ろが広く開きますので、奥歯を磨くのも非常に楽になります。

しかしながら、冒頭にあげたように、「親知らずを抜歯したあと、口臭が酷くなった」という例もよく聞かれます。これは、親知らずの抜歯跡にはぽっかりと大きな穴が開いてしまうのですが、ここに食べ物のカスなどが入り込んでしまい、最近の巣になったというケースが多数です。このような状況につきましては、食後にはしっかりと歯磨き・うがい等の口腔ケアを行っていただくこと、それでも気になるようであれば歯科医の診察を受けてください。抜歯後しばらくすると、歯茎に開いた穴も塞がり、きれいに盛り上がってきますので、それまでは優しく丁寧にオーラルケアを行うことが大切です。また、抜歯後には身体の正常な反応として、傷口をきれいにするために働いた白血球の死がいを積極的に排出する「排膿」と呼ばれる反応が活発化します。この結果、一時的に口臭が強く感じられることもありますが、しばらくするとこの反応は落ち着いて、口臭も消えてきますので安心してください。

オススメ!口臭予防

口臭対策

【 薬用プロポデンタルEX 】

口臭予防歯ブラシの決定版!これしかない!
悩んでいるなら今スグ使うべき歯磨き粉です。
歯肉炎にも効果があるのでダブルで予防!


口臭対策

【 口臭撃退マニュアル 】

口臭に本気で悩んでいる方限定です。
原因不明の口臭を特別な道具に頼らず、
30日間で口臭の悩みから解放される方法です。